フォルクスワーゲンPOLOに決めた4つのポイント

 

新しい車を買いました。フォルクスワーゲンのPOLOです。
排出ガス不正問題に揺れるフォルクスワーゲンですので、大丈夫かなと多少心配しつつも、最終的にはこれしかないということで決めました。では決めたポイントは何だったのか、いくつかあるのでご説明します。

 

車9

@金額 予算は250万まで。
Aサイズ サイズはコンパクトカー。
Bメーカー 海外メーカー。
Cデザイン 洗練された飽きのこないデザインのもの。外見も重要だが、内装にも気を配っていて欲しい。

 

新車選びの基準となったのは以上4つのポイントです。これらの4つの条件をクリアしたのがフォルクスワーゲンのPOLOでした。ではそれぞれのポイントについて細かく見てみます。

 

@は予算の問題なのでどうにもなりません。

ローンを組んでこれ以上の価格の車を購入するということは考えませんでした。同じフォルクスワーゲンで、Upというもう少し安い車もありましたが、デザインが好みでなかったので選択肢から除外しました。

 

Aのサイズに関して…

駐車場が狭いということと、自宅周辺も都内の中でも狭い道路が多い地域のため小回りの利くコンパクトカーにしようと考えていました。

 

Bのメーカーに関して…

一度海外メーカー、特にドイツのメーカーの車に乗ってみたいと思っていました。フォルクスワーゲンは排出ガス不正問題を抱えているものの、世界の1、2を争うトップメーカーであることには変わり無く、不正問題に関しては購入の妨げにはなりませんでした。

 

Cのデザインは価格の次に重要視したものです。

シンプルなデザインが気に入りました。内装も黒を基調としており、メーター周りのデザインなどは国産車とは洗練度が違うなと感心しました。

 

以上がPOLOを選ぶに至った4つのポイントです。他にも燃費性能やディーラーの対応、アフターサービスなどについても購入の際の参考にしました。
カラーはホワイトにしました。実際購入してみて、運転のしやすさ、小回りの良さに日常使いの車としてとても満足しています。乗っていて楽しい車です。